イナズマ1200整備日記

イナズマ1200のバイク整備と、整備と称するDIYレベルで出来るプチカスタムを行っていきます。そんな記録とキャンプツーリングに必要な小道具類などをDIYした記録、そして旅行の記録です。

サイドスタンドムーバーをモデルチェンジ(その2 サイドスタンドローラーの自作品改良)

目次

 

はじめに

サイドスタンドムーバーとバイクポジションチェンジャーを製作(自作)して、約半年間使用してみました。

minow.hatenablog.com

minow.hatenablog.com

以前までの力づくによる移動と比べると、とても楽にバイクの横移動がしやすくなりました。

どれだけ楽か?

それは半分以下の力(体重)で移動させることが出来るようになりました。とても楽チンになりました。

 

が、タイトルのサイドスタンドムーバーは少し使い勝手の悪い箇所がありましたので、今回改良することにしました。

改良といっても転用品は車輪、ナットとワッシャーしかなく、メインのフレーム交換になりますので、ほぼモデルチェンジとなりました。

 

以前の製作品のおさらい

2022年1月に製作した前モデルは、ネグロス電工の短尺ダクター100mmをフレーム材として使い、4つのローラーを取付けたモデルになります。

f:id:Minow:20221002091445j:image

ちゃんと強度もあり、ローラーもコロコロと転がってくれ、楽に移動出来ます。

これのどこに少し問題があるか?

それは、サイドスタンドの地面に接する先端部がダクターに入れにくい💦

サイドスタンド先端部は少しだけ広がってますが、その先端部がダクター上側にした折返部と干渉し、サイドスタンドを上からスッポリ入れられません。

そこでダクターの折り返し部と貫通ボルト上の隙間に、サイドスタンド先端部を通すように差し込んで使用していました。

f:id:Minow:20221002091841j:image

バイクを少しだけ起こしてサイドスタンドを浮かせる時にも、サイドスタンドムーバーが抜け難いというメリットがありました。これはメリットでもあり、デメリットでもありました。

でもメリットよりデメリットの方が勝ってると考え、改良しました。

 

部材購入

ステンレス鋼材のコの字型であるチャンネル材50×25×3を長さ100mm、鋼材切り売り専門店 横山テクノ さんから購入しました。

f:id:Minow:20221002091527j:image

f:id:Minow:20220929202438j:image

www.yokoyama-techno.net

 

この切売り注文の仕方がとても独特なのですが、とても丁寧な説明書きがありますので理解しやすく、スムーズに注文することが出来ました。

実際に注文してみると後から差額や送料が調整される仕組みになってますので、ネット注文するのはそれ程手間ではありませんでした。

気になるチャンネル材の切売り価格ですが、長さ100mmの切売りでは送料含みで、約1400円程度でした。

これが安いのか?高いのか?

ステンレス鋼材のチャンネル材は、ホームセンターでは扱ってません。個人で手に入れようとすると、市中では切売品を購入出来るルートはなかなかありません。とても有り難い入手ルートです。

 

楽天でも300mm程度のステンレス鋼材を買えますが、そこからほしい寸法に切断することを考えると横山テクノさんから切売り購入したほうが、楽で安価だと思います。

他のバイクでサイドスタンド先端部が狭いなら、もうひと回り小さいチャンネル材40×20×3で十分だと思います。

サイドスタンド先端部が32mm(チャンネル材幅40mmー両端の板厚3mm分を引いた34mm 少し余裕をみた32mm)くらいなら、イケると思います。

 

イナズマ1200では35mm程度ありますので、購入したチャンネル材のサイズにて丁度良いと思います。

f:id:Minow:20221002091920j:image

f:id:Minow:20221002091928j:image

断面を比べてみても、今回欲しい横幅はちゃんとあるので問題なし!

 

製作(加工)

製作といっても作業は単純です。

まずはローラーを取り付けるため、4箇所ドリルにて穴を開けます。

f:id:Minow:20221002123312j:image

穴を開けたらバリ取りし、ローラーを取り付けるだけです。

当然ですが穴あけ作業にはドリルやヤスリなども使用しています。

このブログの写真だけ見るととても簡単そうに見えてしまいますが、使用した道具類などはそれなりにあり、部材単品も少し加工しています。道具類の準備と手間だけはそれなりに必要となります。

そしてステンレス材に穴開け加工しようとすると、ドリルの刃もステンレス用でないと大変です。

 

以下は加工を終えた部材たちを、組み立てる前に並べてみました。

f:id:Minow:20221002123439j:image

車輪4個は前モデルから転用しました。

ちなみに車輪のサイズは?

車輪はハンマーキャスター の車輪サイズ38mmになります。ホームセンターなどで1個150円くらいで購入出来ます。

f:id:Minow:20221002153509j:image

ボルトはステンレス(SUS304)材のM6×140㎜ 半ネジタイプになります。それと、ナットは外れにくいようロックナット(ステンレス材)を使用しました。

そのボルトはネジ部を丁度良い長さにカットし、カットした箇所をヤスリでバリ取り仕上げてあります。

 

ボルトのカットについて、ここで話は少し逸れます。

M6サイズのボルト切断にはグラインダーによる切断でも良いのですが、バイス(万力)と、LENOX社のステンレス切断用の金ノコ刃を使用すれば、室内でも苦も無く切断出来ます。

このステンレス用の金ノコ刃にしてからは、いつも室内で切断しています。

 

このステンレス切断用のノコ刃は、とても重宝しています。少し切粉の掃除は大変にはなりますが、蚊に刺されるよりマシです。

 

話を戻します。

部材が揃ったところで全体を組み立てると?

f:id:Minow:20221002123450j:image

いい感じに仕上がりました。

これだけでも良いのですが、サイドスタンドとスタンドローラーは金属接触となりとても滑りやすいため、川口技研の滑り止めテープを貼って対策しておきました。

f:id:Minow:20221002164351j:image

 

滑り止めなので、この屋外用の滑り止めテープでなくとも家具用のフェルトテープで十分です。たまたま在庫がありましたので、こちらを使用しました。

 

完成

滑り止めテープを張りつけたところで、

f:id:Minow:20221002164339j:image

完成となりました。

 

後輪側の車軸はボルトを貫通させているので、サイドスタンドを載せる時に邪魔になるのでは?と考えられますが、その高さは3cm以下なので大して邪魔となりません。むしろサイドスタンドがズレ落ちるのを防止するストッパーとしての役目を果たしてくれます。

前輪側の車軸となる貫通させたボルトは、サイドスタンド先端部が引っかかります。ストッパーの役目をしてくれます。

車軸となるボルトとボルトの間にサイドスタンドを入れることで、サイドスタンドがズレ落ちることなく使用可能です。

 

最後に

単純な構造なので製作は比較的簡単です。

そして強度も十分です。

このスタンドローラーのお陰で、車庫でのバイク横移動は劇的に楽になりました。

が、このブログ記載の通りに製作手間はそれなりに掛かります。

錆びないステンレス材のモノが欲しい!なんてことでなければ、おススメとしては製作するより購入した方が早くて安価です。

こちらは値段が送料含みで3000円程度で購入出来ます。手間もなく安価に済ませるのであれば、購入したほうが、手っ取り早く楽になれますよ(^O^)

先ずは鉄材の市販品のモノから導入して試してみると良いと思います。

ただし鉄は錆びますので、錆びない仕様としたいなら、この様な方法もあります。

その時はこちらをご参考までチャレンジして見てください。

202209末 権現堂公園 曼珠沙華(彼岸花)の花見

先日から続けてきた隙間収納用の棚製作ですが、作業を続けて最後の扉まで取付完成しました。

時間が出来たので、権現堂公園一面に咲く彼岸花の花見に今年も行ってきました。

天気が良ければバイクに乗って行きたかったところですが、あいにく台風による雨の空模様だったため、ドライブによる花見となりました。

権現堂公園へは、今年は春夏秋と3回訪れることになりました。

ここの桜並木はとても有名ですが、この時期は彼岸花のお花畑がとても凄いんです!

 

言葉で説明するより、写真のほうがよく伝わると思います。

f:id:Minow:20220924092608j:image

f:id:Minow:20220924092620j:image

f:id:Minow:20220924092728j:image

綺麗な一面彼岸花の花畑です。
f:id:Minow:20220924092741j:image

写真の構図的には、沢山の中から見つけたキラキラ光る一つの花にフォーカスした写真が好みです。
f:id:Minow:20220924092630j:image

そして一面のお花畑を色として捉え、写真が3層構造とような構図が好みなんだと。

f:id:Minow:20220924092804j:image

f:id:Minow:20220924092820j:image

下のようなスナップ写真はあまり好みではないから、あまり撮らないかな?

f:id:Minow:20220924092834j:image

それより同じお花畑なら、この構図のほうが好みです。

f:id:Minow:20220924092856j:image

彼岸花のお花畑は平面的でなく傾斜があるため、写真撮影しても人があまり映り込みません。

なので写真撮影がとてもしやすく、良いロケーションです。

そのお花畑の奥行き感がこれまた凄い!

 

最近では写真を多く撮るようになり感じたことがあります。

バイク整備やカスタムのようなメカニカル感が全くない写真って、真逆のようでとてもよく似ている部分があるんだなと。

 

写真をただ撮るだけ = 部品を取付けるだけ

構図を考えて撮る = バランスを考えて取付る

良いカメラを使う = 高級部品を取付ける

良いカメラを使い構図など考えて撮る = 高級部品をバランス良く取付ける (プロ級)だと

 

因みに私は、バランス良く取付けたら満足するタイプです。最高部は追い求めてないのかな?と

それは最高級のサスペンションを取付けたいのか?それともソコソコのパーツで良いので、ソコソコ乗れるレベルを維持したいのか?と問われたら、ソコソコ走れるレベルに合わせられれば、それで良し!

そんなところです。

写真も突き詰めたら奥深すぎますので、ほどほどにしています。

 

こんな花見の写真にも性格的なところが垣間見えるとは思いませんでした。

何気ない写真から、自分の性格や考えが分かるのかもしれませんね。

 

最後に

これまでバイク整備の記録写真を多く載せてますが、これも構図を考えピントを合わせるため、整備作業とは別に、カメラマン的な要素やブログの全体構成を考えるプロデューサー的な要素も作業しながら必要になります。

もっと写真詳しく撮りたい箇所もありますが、一人作業だし脂まみれの手で写真を撮るため、見にくい写真も多くあります。

特にブレーキフルードを触ったあとの写真は少ないと思いますが、少しでも多く記録を残していこうと思います。

 

プラ箱に仕切板を取付けてメンテナンス用スプレー缶を使い易く整理整頓(ボックスコンテナ 道具箱 トロ箱)

はじめに

まだ未完ですが隙間収納棚を製作しました。家庭内で役立つ家具造りをし、家族から少しだけ感謝されたところになります。それに気を良くしたところで、次はバイクのメンテナンス道具を少し整理整頓することにしました。

メンテナンス道具類の中でも常にゴチャゴチャしているメンテナンス用スプレー缶を、なんとか整理整頓したい!

整理整頓するだけでなく、さらに取り出しやすく戻しやすくしたいので、簡易な仕切板を製作しました。そんな記録になります。

他の趣味にも言えることですが、本作業以外に時間を割かれることを減らす(時間ロスの削減(結果として作業効率アップ))ことも、長くDIY作業を続けていくには必要な作業だと考えています。

経緯

バイクの専用ガレージがない方(マンション・アパートなど)は、私と同じくプラ箱やダンボール箱などにメンテナンス道具など一纏めし、バイク横まで運搬して作業されているはずです。

そんなバイク整備に使用するメンテナンス用のスプレー缶は何種類もあり、それらをプラ箱に一纏めにして普段は収納しています。メンテナンス作業時は、中から数本取り出したり、プラ箱毎移動させて使用しています。

そのプラ箱内のゴチャゴチャになった多数のスプレー缶の中から1本取出すと、同じ位置に戻そうとしてもなかなか戻しづらい状態になっています。縦長なスプレー缶は倒れやすいため、プラ箱内でスプレー缶1本でも倒れてしまうと、他のスプレー缶を倒そうとする力が作用します。そのことで取り出したスプレー缶の隙間が直ぐに無くなるようになっています。

これを不満に思いながらも、物理現象なので仕方ないかな?とし、その都度整理整頓しながら使用してきました。

でもこれではイケないと思い、プラ箱内でスプレー缶が倒れにくいような根本的対策を施すことにしました。

その対策とは倒れにくいような仕切板を設置すること。

仕切板の製作

仕切板の製作に関する内容に移ります。

長くバイクのメンテナンスをしていると、メンテナンス用のスプレー缶がだんだんと増えてきて、プラ箱内はゴチャゴチャです。
f:id:Minow:20220919214357j:image

注)写真を撮るため、数本減らして綺麗に並べてあります。普段はプラ箱内にはもっとスプレー缶がビッシリです。

 

プラ箱に仕切板がないため、スプレー缶の位置がズレる、そして倒れたスプレー缶にて更に置きにくくなっていきます。

 

その対策として丁度いいサイズの仕切板を探してみましたが、なかなか見つかりませんでした(泣)

ダンボール箱に割れやすいガラスビンを入れる時に使用するダンボールの仕切板をイメージしました。タンス用等の仕切板がホームセンターやダイソーでも販売されていますが、丁度いいサイズ感や強度と価格の仕切板が、なかなか見つかりませんでした。

 

 

そこで、1.2〜1.5mmの厚めなプラスチックシートを切り出して製作しました。

まず収納したい対象物の大きさを寸法測定します。

f:id:Minow:20220919214407j:image

どれもスプレー缶サイズは70mm以下でした。

そこで余裕をもたせ75mmピッチとしました。

 

準備したプラスチックシートは、ダイソーで販売されるPP(ポリプロピレン)素材?の大きなシートになります。
f:id:Minow:20220919214416j:image

シートの厚みが1mm以下だと加工しやすいのですが、ペラペラ感が強くなります。

スプレー缶を粗雑に扱う自分には強度面で心配だったので、厚み1.2mm以上なら使えそうだと考えました。

プラスチック素材なので、全て切断しようとすると大変な作業になります。

表面をカッターにて何本か筋を入れ少し折返すと、切れ目から割れようとします。その少し曲げた状態にて、その切れ目をカッターで撫でるように軽く切込みを入れると、ドンドン割けていきます。
f:id:Minow:20220919214426j:image

f:id:Minow:20220919214436j:image

まずは大きく欲しい寸法にカットしたら、次にシート中央線に75mmピッチにてドリル穴(ストップホール)を入れ、そのドリル穴から外側方向へ片側のみ切り込みを入れます。

f:id:Minow:20220919214450j:image

何カ所も同じ箇所がありますので、ここから1時間ほど地味なルーチンワークになりました。

 

全ての部材に加工したら、それらを組み立てプラ箱内に入れて広げると、仕切板の完成となりました。

仕上がり具合としては、少し曲がってしまいましたが、仕切板の完成になります。
f:id:Minow:20220919214506j:image

最後の工程だけは、刃の厚み分だけ減肉するノコギリで行ったほうが、こんなグニャグニャな仕上がりではなく、もだも上手く仕上がったと思います。
f:id:Minow:20220919214713j:image

でも、この仕切板のお陰でスプレー缶は倒れませんし、取り出しやすく戻しやすくなりました🙌

 

黄色いシートが混じりましたが、これはプラスチックシート2枚と必要材料を甘く見積もったことによるもので、後で買い足した際にホワイト色が欠品していたため、一部黄色となりました💦

 

今回の仕切板設置をしてみて、もっと早くから設置しておけば良かったよ〜と、少し後悔してます。

これまで整理整頓に奪われた時間 > 仕切板製作時間 です。

 

環境整備は費用対効果を伴いますが、このような環境整備は安価ですので、効果しかありません。

作業は台風接近時に進めましたので、時間的にも有効に使えました。

 

後になって考えるとプラスチックシートではなくプラダン(プラスチックダンボール)の方が加工しやすいし、強度もソコソコあります。値段も変わらないので、こちらで十分だったかなと思います。かなり後悔

 

最後に

これからまだまだ整理整頓しないといけない箇所が沢山あります。

次からは断捨離も含めて整理していかないといけませんが、なかなか捨てられないんですよね。

釣りとミニボートに関する部品や部材もあるため、なかなか片付けられなくて、部品がゴミのようになっています。

出来ないと思っていますが、思い切って一旦捨てて、スッキリサッパリしたい!

それまで整理整頓し、バイクのメンテナンス作業は、蚊のいなくなる頃から再開予定です。

家具(隙間収納棚)のDIY 続き(CAINZレンタル工具トリマーを使い溝加工とレンタルスペースの利用し背板取付け)

 

はじめに

先日から家具のDIY作業を行っています。その続きの内容になります。

minow.hatenablog.com

まだ製作途中にて棚板も無く外枠のみの、単なるオープンシェルフ状態です。

f:id:Minow:20220916083140j:image

この製作した棚の外枠ですが、当然ではありますが隙間の寸法に合わせて製作したので、高さと横幅は気持ちいいくらいにピッタリ!
f:id:Minow:20220916083338j:image

棚の奥行寸法は、後に扉を取付けることを考慮した寸法設定にしてあり、15mmほどショートにしてます。今後、扉を取付けると一気に印象が変わると思いますが、扉は後付けしやすい作業ですので一番最後とします。

作業の続きとしては、普段見えない地味な箇所ではありますが、まずは手間のかかる背板を取付けることから再開しました。

背板取付けにはトリマーと言う電動工具を使い溝加工を施し、その溝に背板を嵌め込むような少し凝った構造としました。

 

トリマーによる溝切加工と背板取付け

溝加工用電動工具のトリマーですが、滅多に使用しないため所有していません。今後も1回か2回はあるが?程度のことなので、ホームセンターからレンタルすることにしました。

色々とホームセンターを探していると、CAINZ(カインズ)に工具レンタルサービスがあり、そのラインナップにはトリマーが有りましたので、そちらを利用することにしました。レンタル料ですが1泊2日500円、ただし先端ビットは付属しませんので、ビットは購入することになります。

reserve.cainz.com

トリマーを購入するとなると、コード付きの最安価なタイプでも6000円程度はします。

10回以上使用する予定が無いなら、レンタルの方が安価と言えます。

このトリマーを使い棚奥の内側に溝加工を施すのですが、組み上がった状態では行えませんので、面倒ですが作業する前に部材レベルまで分解しました。

始めから背板を取り付けるつもりであったので溝加工を先に行うべきだったところですが、トリマーのレンタル予約が取れず外枠製作を先行したため、少しだけ手戻り作業となりました。

プロでない限り部材加工〜組立まで全ての工程を設計することは、とても困難ですね。

まずは形にすることが最優先であり、一度形にしてみて次のステップに進めることの方が無難です。

最初から妥協なく作業を進めようとすると、大抵は途中で壁にブチ当たり頓挫します。もしくは、作業の途中で設計が変わり、やり直しとなることの方が多いですからね。

この程度の後付けなら上等です。

 

では背板を後付けするため、まずはトリマーをレンタルしてきました。
f:id:Minow:20220918100728j:image

背板は板厚5.5mmとすることから、トリマーのビット太さは6mmとしました。

背板サイズは棚の内寸からトリマーによる溝切り深さを足したサイズになります。

そこでトリマーによる溝切り深さは、板厚15mmの1/3である5mmとしました。CAINZで500円程度にて購入出来ました。

レンタルしてきたトリマーを取り出し、加工する板をダイニングテーブルにクランプにて固定し、トリマーを使い溝加工してみました。
f:id:Minow:20220918110744j:image

が切り出して直ぐにギブアップ!

騒音が凄まじい!

部屋中の切粉が飛散しまくり!

何より作業スペースが狭い(泣)

 

直ぐに加工したい部材を持ってCAINZのレンタルスペースに駆け込みました😁

30分250円ですが、作業スペースが広いし、騒音気にしなくて良いし、切粉も気にしなくて良いし、とても快適な作業が行えました。

 

木材に加工する箇所を罫書いてあったことと、トリマーによる溝切り加工を4箇所のみでしたので、作業時間は30分以内で完了しました。

切粉と騒音を気にしなくてもよいため、作業がとても早く進みます。はじめからレンタルスペースを借りれば良かったですね。

 

背板用の溝に5.5mmの背板を嵌め込み組立てたら、背板がしっかり固定されました。

f:id:Minow:20220918112342j:image

嵌め込む前に背板両面にはアイボリーカラーの水性塗料を塗り、更にクオリティーアップ

 

少し溝に余裕を持たせ、下の様の部品を使い固定する方法もありますが、この部品は不要でした。

 

いきなりですが組み立てるだけと簡単なので、組立て後の写真になります。

このアングルからだど、以前と何も変化無さそう?でも、ちゃんと背板を取付けてクオリティーアップしています。
f:id:Minow:20220918112403j:image

更に同じ素材感の木材にて棚板も増設しており、更にクオリティーアップしています。

ホームセンターの木材カットサービス(1カット50円位)にて、綺麗な切断面とピッタリな寸法の棚板を製作しました。

f:id:Minow:20220918112412j:image

金属ダボによる棚板固定としましたので、簡単に取り外すことも出来ます。

f:id:Minow:20220918112419j:image

前回作業した脚取り付け箇所も完璧な仕上がりです。

f:id:Minow:20220918112434j:image

今回の背板を取付けたら、家具としてのクオリティーが一段と上がり、自己満足度は大幅にアップ!

 

扉取付け

ここから最後に扉を取付けて完成となりました。

 

扉取付けに必要なヒンジの金具と木材の調達から始まります。

ヒンジ金具ですが色々あります。

その中から板に掘り込み加工するタイプが考えられますが、またトリマーを使用せねばなりません。そこでタッピングビスのみで簡単に取り付けられるヒンジ金具を選定しました。

f:id:Minow:20220924082135j:image

このヒンジ金具をどのように取り付けるのか、説明書の付属も画像表示もありませんでした。そこでまずはどんな動きの部品なのか?確認をしてみましたが、一見では良く分かりませんでした。
f:id:Minow:20220924082159j:image

仮に取付けてみて少し動きを観察していると、取付けるべき寸法が、何となく見えてきました😁

f:id:Minow:20220925063918j:image

側板の端から8〜10mmにビス(ボルト)穴取付けとしました。

木材の厚みが15mmだったので、ビスの打ち込み深さが10mm位と浅くなることから、ビスでなくボルトナットにしました。ボルトは特殊な極低頭ボルトM3サイズとしました。f:id:Minow:20220925161212j:image

M3サイズのボルト在庫が少なくて、妥協してM4サイズとの混在となりました。

f:id:Minow:20220924183038j:image

f:id:Minow:20220925161432j:image

f:id:Minow:20220925161422j:image

扉板側の取付け穴は、板と板にビミョ~な隙間が開いた状態で取付けました。


扉を閉めてみると?

f:id:Minow:20220924185025j:image

扉側が外枠より内側に2〜3mmオフセットしました。

f:id:Minow:20220925064307j:image

扉板の横幅を外枠寸法よりも3mm狭く切断してあったので、扉を閉めたら側板側面にピッタリ!

f:id:Minow:20220924185357j:image
最後に壁との隙間にゴム材のクサビを打ち込んで、地震時の転倒防止をしておきました。

f:id:Minow:20220924183030j:image

製作開始から1週間ちょっとかかりましたが、ようやく完成しました。😁

 

感想

現物合わせの棚造りは、バイク整備やカスタムと良く似ていますね。扱う部材が金属から木材になっただけです。しかし全く同じという訳ではなく、木材には木材の難しさがあるのだと実感させられました。

この木材加工も楽しい作業だから、まだ?また?続けられそうです。

次も家庭内で使い勝手の悪い箇所、不満な箇所が見つかれば、製作していこうと思います。

 

その前に最近の趣味活動にて溜まったゴミ(価値の有無に関わらず不用品)を、一度処分することにしようと思います。

本格的なバイク整備の前に、少しづつ整理整頓しようと思います。