イナズマ1200整備日記

イナズマ1200のバイク整備と、整備と称するDIYレベルで出来るプチカスタムを行っていきます。そんな記録とキャンプツーリングに必要な小道具類などをDIYした記録、そして旅行の記録です。

カーボン製フロントフェンダーを取付けた際に出来たフロントフォークとの隙間にプラスチックワッシャーを取付け

今回の作業は部品交換したことで生じたダメ周りの対応となります。

 

約一ヶ月程前、カーボン製のフロントフェンダーを取付けました。

f:id:Minow:20240213082725j:image

minow.hatenablog.com

このフロントフェンダーの交換により、全体的なパット見は良くなりました🙌🙌

 

が、フロントフェンダーの横幅が5mm近く異なりましたが、ボルトを締め付けた事で横に少し広げるようにして取付けました。

さらにフェンダーの肉厚は1.5mm異なり、フロントフォークの間に少し隙間があいてしまいました。

f:id:Minow:20240213082655j:image

f:id:Minow:20240215205450j:image

f:id:Minow:20240213083100j:image

f:id:Minow:20240215210251j:image

左右ともに1.5mmの隙間があります。

気にして見てみると、走行時の振動にて少々グラつきが出ました💧

 

早いうちに何とかせねば〜

ということで、この隙間が無くなるよう、黒色のナイロン樹脂(プラスチック)製のワッシャーを挟む事にしました。

黒色のナイロンワッシャーは、近くの店で探しても在庫がなかったので、Amazonより購入しました。

今後のことも考えて、M6、M8、M10サイズの入ったセットを購入しました。f:id:Minow:20240216201503j:image

f:id:Minow:20240216201517j:image

フェンダー穴のサイズは8mm強でしたので、このセットの中からM8用をチョイスしました。

その厚みは1.4mmになります。

 

そのワッシャーを間に挟むだけの構造だと、厚みがまだ不足しますし、取付けようとすると落っこちやすくて作業がとても厄介です。

そこで両面テープを使い貼付けることにしました。両面テープは目立たない黒色としました。

f:id:Minow:20240216080527j:image

その黒色の両面テープは、ダイソーの超強力タイプを購入してきました。厚みは0.9mmです。f:id:Minow:20240216080612j:image

ワッシャー1.4mmと両面テープ0.9mmを合わせ2.3mmになります。左右で4.6mmとなりますので、数値的に丁度良いスペーサーとなりますね。

 

カミワザテープの大きさは、48mm×48mmで、これが4枚入っています。今回は一枚使いました。
f:id:Minow:20240217082927j:image

ナイロンワッシャー4個をテープにペタペタと貼付けた後、ハサミとカッターでワッシャー型に切り取りました。

f:id:Minow:20240217082938j:image

結果的に予備2つを加えて6個作成しました。

f:id:Minow:20240217091909j:image

外側は切りやすいのですが、内側の切取りが何とも難しい!

f:id:Minow:20240217095217j:image

刃先で円形に細かく刺し、刃先を使い中間側にこそぎ落とす様にして縁取りし、縁が切れた中間側のテープを取り出すようにして、切り取りました。

ここで出来上がりの厚みを確認してみました。

ちゃんと4.6mmでした。
f:id:Minow:20240217111008j:image

ここから取付け作業となります。

因みにフェンダーを取付けるブラケットのフェンダー取付け部の太さは8mm弱、長さ3mmになります。
f:id:Minow:20240217140758j:image

ということは?

カーボンフェンダーの厚みが1.5mmになりますので、ブラケット側の方が1.5mm長い訳です。

そのため、少なくとも1.5mm程度のワッシャーを入れておかなければ、隙間が出来てしまう訳ですね。

フェンダーの穴部に作成したナイロンワッシャーを取付けるだけ
f:id:Minow:20240217141143j:imagef:id:Minow:20240217141156j:image

f:id:Minow:20240217141214j:image

左右にワッシャーを入れるとカーボンフェンダーがストレスなく良い感じに取付けられました〜
f:id:Minow:20240217141223j:image

ただフェンダーを取付けるブラケットですが、色々と気に入らない箇所がありました。
f:id:Minow:20240217141254j:image

右側のブラケットは、見える部分をフロントフォークと同じシルバー色にしてありました。が、カーボンフェンダーにした事で浮いた色になりました。

f:id:Minow:20240217141314j:image

左側のブラケットは、ブレーキホースのクランプ位置が合わなくて、スピードメーターのガイドに結束バンドにて固定させてました💦💦

f:id:Minow:20240217141332j:image

何と言うお粗末な取付けなんだろうか💦💦

f:id:Minow:20240217141343j:image

さらにそのブラケットは錆びてました。

ブレーキホースのクランプ部を加工し、錆止めブラック塗装することにしました。f:id:Minow:20240217141356j:image

ホースクランプ部は少しカットし、6mmのドリル穴を開けました。
f:id:Minow:20240217141405j:image

ミッチャクロンと錆止めブラックにより塗装し
f:id:Minow:20240217141415j:image

錆び止めしておきました。

f:id:Minow:20240218093339j:image

相変らずブレーキホースのクランプ方法は、ゴムを介して結束バンドによるクランプになりますが、何もしないよりはマシですね。
f:id:Minow:20240218093354j:image

左右ともに見た目が、少し良くなりました。
f:id:Minow:20240218093519j:image

ナイロンワッシャーの耐用年数は5〜10年程度だと思いますので、数年後に交換する事になると思います。そのナイロンワッシャーを両面テープにより取付けただけですが、フロントフェンダーとフロントフォークとの隙間は無くなり、フェンダーのグラつきは無くなりました。

少しの手間とアイデアにて不満解消しました🙌🙌

 

春からのツーリングと24 年目の車検に向けた準備は完了!

SolpexJP 屋外ソーラー充電する人感センサー付ライトの取付け(宅配ボックス開閉と防犯対策)

防犯対策の目的もありますが、私にとっては夜に宅配ボックスを開閉し易すくなるよう、単管パイプのバイク小屋の屋根下に、SolpexJPのソーラー充電する人感センサー付ライトを取付けました。

 

 

今回購入したライトは2個セットになります。

f:id:Minow:20240212115126j:image

ソーラーパネルとライトがステーと一体化されたスマートな形状です。取付け方法はもても簡単で、一箇所をボルト固定させれば良い構造でした。

ライト部はおおよそ横14㎝×縦10cmくらいのサイズでコンパクトになります。しかし、とても明るい!

f:id:Minow:20240212115140j:image

最大の明るさは、商品説明だと860lm(ルーメン)あります。

f:id:Minow:20240212115151j:image

とても明るいです。

そんなライトが、2個セットで5000円以下と格安に購入出来ました。

 

これまで使用したソーラー充電ライトは、10年ほど前のモデルになり、お世辞にもとても明るいとは言えません。照らしたい方向も調整し難いタイプでした。
f:id:Minow:20240212115213j:image

もう一つのライトもソーラー充電する機能が故障してしまい、さらに人感センサーも故障したので、必要な時だけ手動でスイッチを入れ照らのみとなっていました。

f:id:Minow:20240212194532j:image

どちらも取付けてから10年程経ち、使えないライトなっていました。

 

今回は、ちゃんと使えるライトが欲しい!と、更新することしました。

 

購入した2つのうち、まず一つは防犯対策ではなく、宅配ボックス方向を照射する様にセットしました。

暗視野が年々弱くなりつつあり、見え難くなってきたんですよね😢

その宅配ボックス方向を照らそうとすると、丁度単管パイプ小屋の屋根下から照射するのが良くて、単管パイプに取付けるため垂木クランプを使用して取付けました。

f:id:Minow:20240219072814j:image
M5ボルトにてライトとクランプを締結しました。
f:id:Minow:20240212115231j:image

ライト自身で容易に上下方向に首振りすることが出来るため、照射方向を調整し易い!

ソーラーの受光面も調整が容易です!

左右方向の調整は垂木クランプにて容易に出来ます!

ライトの向きを上下左右方向に変えられる様に取付けておくと、後で調整しやすいです。
f:id:Minow:20240212115306j:image

 

もう一つはバイク小屋の屋根下に取付けて、バイクを照射する様にセットしました。

こにらは防犯対策を兼ねるので、容易に取外せないよう、屋根下ギリギリとし、手が届かない高さに取付けることにしました。
f:id:Minow:20240212115335j:image

それが屋根下はスペース的に狭すぎて取付けられませんでした。そのためステーを介し少し下側に取付けました。

ステーもそのままでは使えなく、少々曲げて製作しました。

f:id:Minow:20240212115347j:image

曲げたステーを取付けて、

f:id:Minow:20240212115407j:image

ライトを取付けました。

f:id:Minow:20240212121442j:image

これで防犯対策はバッチリですね!

 

このライトの明るさは860ルーメンあり、めちゃくちゃ明るいライトでした。バッテリー容量は2000mAhあるので、夜も十分使えました。


趣味の部品が宅配ボックスに届いていても、取り出しやすくなりました☺☺

さらに日が暮れても作業がしやすくなりました。

minow.hatenablog.com

 

 

リアブレーキリザーバータンクホースの長さ調整とテールカウルクションゴム交換

もう1年近く前になりますが、GS1200SS純正品ステップ、ブレーキペダルとシフトチェンジペダルに交換しました。

f:id:Minow:20240211113705j:image

リアブレーキマスターシリンダーの取付け位置が、イナズマ1200の純正取付け位置と比べて数cm後上側となりました。

後ですぐに戻すかも?と、リザーバータンクホースを切詰めないで、少し曲がった状態でイナズマ1200純正品に取付け約1年間使用してみました。

それ程悪くなかったので、ずっ〜と使用することにしました。

 

となると、ホースのキツい曲がりのまま放置しておくと、長い年月をかけホース端の根元部が折れ曲がったり、ホース中間部が折れ曲がり閉塞するなど、トラブルの元になりかねません。

 

先日にキャブレターのオーバーホールをした際に、どうも曲がり方がキツくて変な力が加わっているように見えました。

f:id:Minow:20240211150013j:image

f:id:Minow:20240214195442j:image

そこで、リザーバータンクホースを切詰め調整することにしました。

f:id:Minow:20240211115005j:image

キャップのダイヤフラムゴムは変形していましたので、交換することにしました。
f:id:Minow:20240211115015j:image

根本のOリングゴムはこれまでに交換したことがありませんてしたので、交換することにしました。
f:id:Minow:20240211115052j:image

GS1200SSのリザーバータンクとホースは、部品取りとし念の為準備し作業に取り掛かりました。
f:id:Minow:20240211115150j:image

 

リザーバータンクのキャップを外し、
f:id:Minow:20240211150057j:image

ダイヤフラムゴムを外し、フルードをシリンジにて抜取りました。
f:id:Minow:20240211150250j:image

ホースも外して
f:id:Minow:20240211150259j:image


f:id:Minow:20240211150308j:image

ゴムホースを3cm程切詰めました。
f:id:Minow:20240211150320j:image

組付けた後、リザーバータンクにフルードを入れてエア抜きしたのち、
f:id:Minow:20240211150342j:image

ダイヤフラムゴムとキャップを締めて作業は完了?

f:id:Minow:20240211150351j:imagef:id:Minow:20240214195534j:image
キツく折れ曲がっていたホースが、少し伸ばされ適正な曲がり具合になりました。

 

この後すぐにフルードが垂れたあたりを水洗いし、水分を拭取りクリーニングしました。

 

乾燥させている間の時間で、ついでにテールカウルをラバーマウントするブッシングゴムも交換しました。
f:id:Minow:20240211150415j:image

このゴムはこれまで一度も交換したことがありませんでした。

柔軟性ゼロのカチコチ状態でしたので、カッターナイフにて切断しました。

f:id:Minow:20240211150424j:image

新しいゴムは艶と弾力がありますね。
f:id:Minow:20240211150432j:image

薄くシリコングリスを塗り、穴に押し込むようにして組込みました。

シートカウルのクッションゴムはもう一箇所ありますが、こちらは再塗装するタイミングにて交換しようと思います。

 

車体周りのクションゴム交換する作業は、ほぼ完了に近づきつつあります。

新品の予備品フューエルタンクを車体へ取付け

目次

はじめに

新品部品を予備品として保管しておく事は、とても勿体ないと思います。今回はフューエルタンクの予備品に付帯パーツを取付けて使用することにしました。フューエルタンク交換の記録となります。

経緯

現在使用中のフューエルタンクですが、タンク周りのゴムパーツ類を一年ほど前に交換したばかりですし、何も不具合はありません。

minow.hatenablog.com

が、タンクの錆取り処理してからすると、もう10年近く経過します。

タンク周りのゴムパーツを交換した際に内部を点検してみましたが、あまり錆びてなさそうでしたので、そのまま使用することにしました。

でも気になります。

そろそろタンク内の錆取り処理でもしてみようか?と考えるタイミングとなってきました。

そんな時、新品のまま長期保管されていたフューエルタンクが販売されていましたので、購入したところになります。

f:id:Minow:20240206082528j:image

そもそもタンクは廃番となってからかなりの年数が経っております。今頃になって新品が購入出来るとは思いもしませんでした😊

minow.hatenablog.com

バイクの余寿命と自身のバイク適応残年数を考えると、新品を予備品にしておくよりも、新品の方を使用した方が、合理的かな?と思います。

使用中のタンクを外して予備品とし、その予備品の錆取り処理や塗装などのメンテナンスを、時間に追われることなく出来るため、自分にはメリットの方が多いかな?

後で高値で転売してやる!なんて方は、新品を予備品とした方が、メリットあると思います。

 

付帯部品の購入と取付け

フューエルタンクを使用開始するにあたり、付帯する部品を購入し、取付けることから始めました。

まずは、もうすぐ廃番になりそうなフューエルレベルゲージの新品を購入しました。

f:id:Minow:20240206081259j:image

f:id:Minow:20240206081322j:image

部品番号 : 34810-03F00 (新番号:34810-03F02-000)

値段 : 7000~8000円ほどです。

まだ乗り続けるのなら部品があるうちに購入し、ストックしても良い電子部品だと思います。

フューエルタンクは車種毎に形状が異なりますので、他車部品からの流用は難しい部品の一つでもあります。

このフューエルレベルゲージは、パッキンゴム(部品番号:34825-03F00 700円ほど)もセットになっていますので、購入する必要はありません。

他にフューエルレベルゲージとコックを取付けるボルトのガスケットを購入しました。
f:id:Minow:20240206081339j:image

レベルゲージを取付けるボルト用のガスケットは、5.8×13×1.2サイズで部品番号:09168-06023 になります。4個必要で、値段は1個100円ちょっと

 

フューエルコックは廃番になっているので、現在使用中のタンクから転用することにしました。

コックを取付けるボルト用のガスケットは、6.4×11.5×0.8サイズで、部品番号:09168-06026 になります。2個必要で、値段は1個70円ほど

 

タンクキャップは現在使用中タンクからパーツを転用することにしました。

タンク下のドレンチューブですが、使用中タンクの部品はゴムがカチコチで使用不能な状態でした。とりあえず転用し、交換作業は後回しとしました。

エンブレムもどうしようか?悩みましたが、後から貼付けられますので、ここも後回しとしました。

 

タンクをひっくり返して見てみると?
f:id:Minow:20240208080831j:image

パット見では綺麗ですが、タンク裏面は複雑な曲面と突起状のステーとパイプがあるので、どうしてもその周りの塗装はプアかな?

f:id:Minow:20240208080927j:image

f:id:Minow:20240208080937j:image

f:id:Minow:20240208080946j:image

ダイソー商品のマスキングテープを使い養生し、

f:id:Minow:20240209163310j:image

f:id:Minow:20240209163154j:image

タンク裏面の塗装は錆びやすいので、サビ予防に隙間の奥まで浸透しやすいミッチャクロンを吹付けておきました。

f:id:Minow:20240209163215j:image

裏面塗装にはスバル ライトシルバーMを使い増し塗りし

艶は不要なのでクリア塗装なしとしました。

タンク裏面はパッキンとガスケットからガソリンが滲んだ時以にしかガソリンと触れないので、耐ガソリン性のあるウレタン系でなく、アクリル系としました。

艶は不要なのでクリア塗装なしとしました。

f:id:Minow:20240209180102j:image

増し塗りする前にはタンクの素地が薄っすらと見えていた箇所がありましたが、塗装し塗膜が厚くなったため、見えなくなりました。

錆びにくくなったはず!

f:id:Minow:20240209180713j:image

f:id:Minow:20240209180727j:image

まずはレベルゲージとドレンチューブを取付けました。

f:id:Minow:20240210171940j:image

タンクを外しやすいよう、ドレンチューブを半分のあたりでカットし、ジョイントを入れることにしました。

 

新品タンクの準備が整ったところで、使用中タンクのガソリンを抜き取りました。

生憎満タンでしたので、3Lのガソリン携行缶を使い、車のタンクへ何度も移し替えました。
f:id:Minow:20240210171907j:image

f:id:Minow:20240210171856j:image

手動ポンプにて吸上げられなくなったところで、フューエルコックから抜出しました。

f:id:Minow:20240210172350j:image

使用中タンクからフューエルコックを取外し、新しいガスケットに交換して新品タンクへ取付けました。

f:id:Minow:20240210172420j:image

f:id:Minow:20240210172431j:image

f:id:Minow:20240210172455j:image

擦れやすい箇所に保護フィルムを貼付けておきました。

f:id:Minow:20240210172538j:image

f:id:Minow:20240210172600j:image

f:id:Minow:20240210172619j:image

タンクをバイクのフレームに載せてから、タンクキャップを取付けました。
f:id:Minow:20240210172646j:image

f:id:Minow:20240210172700j:image

タンクキャップのゴム端は少しヒビ割れてきていましたので、これは近いうちに交換しようと思います。
f:id:Minow:20240210172714j:image

キャップも取付けたところで、タンクを車体に取付けてみてみると?

f:id:Minow:20240210172729j:image

シルバー単色のタンクだと、のっぺりしていて締まりが無いかな?

f:id:Minow:20240210172741j:image

これがイナズマらしさではありますが、エンブレムもないので、締まりが無いと言うか足りなく感じます。

下の写真が以前のタンクですが、やはりエンブレムが無いと、少しもの足りなさを感じますね。

f:id:Minow:20240210185811j:image

そこでまたカーボン柄のラインテープを追加しました。

 

f:id:Minow:20240210172755j:image

ラインを追加したら良い感じになりました。

が、まだ物足りない!

シンプルなSの文字エンブレム位が欲しい!

ということで、インパルスやボルティーなどに使われているエンブレムを購入し

f:id:Minow:20240217150931j:image

マスキングテープにて位置決めし、
f:id:Minow:20240217151017j:image

一番のっぺりとした曲面に貼付けました。
f:id:Minow:20240217151038j:image

この位置だと横方向はもちろんのこと、やや前方向からでもエンブレムがハッキリと見えます。

もちろんライダー目線からエンブレムが見える絶妙な位置に取付けられたと思います。

自己満足高めな取付けとなりました🙌🙌🙌

貼付けたばかりのラインテープは、曲面に馴染まず剥がれやすいため、マスキングテープにて暫くの間、押さえつけておくことにしました。
f:id:Minow:20240221075252j:image

乗り出す準備が整いましたね!

 

次は、今まで使用してきたフューエルタンクの錆取り処理作業をしようと思います。

それまで壁掛け保管しておきます😂

f:id:Minow:20240217151518j:image

エクボ傷も補修しようと思います。

また一つ作業が増えましたね😂