イナズマ1200整備日記

イナズマ1200のバイク整備と、整備と称するDIYレベルで出来るプチカスタムを行っていきます。そんな記録とキャンプツーリングに必要な小道具類などをDIYした記録、そして旅行の記録です。

ウインカーインジケーター用バルブの交換

最近では走行中にエンストするようなトラブルがありましたが、悪いことは幾重にも重なるもので、メーターパネルのウインカーインジケーターLEDランプが点滅(点灯)しなくなってしまいました。

手元にあった同じLEDランプへまずは交換しました。

 

まずはビキニカウルを外して
f:id:Minow:20240512191303j:image

メーターを取付けるボルトを、ロングエクステンションを付けたソケットレンチにて外し
f:id:Minow:20240512191312j:image


f:id:Minow:20240512191322j:image

 

メーターパネルの裏側のビスを外して分解し、バルブ交換しました。
f:id:Minow:20240512191332j:image

いつも外しているバッテリーを取付けて、点灯確認したあとに、復旧作業をしていたところ?

 

メーターパネルの樹脂の一部が、バキッて割れました。

泣き面に蜂状態😢🐝
f:id:Minow:20240512191346j:image

急ぎプラリペアを使い樹脂の肉盛り接合しました。
f:id:Minow:20240512191355j:image

メーターパネルの樹脂も、経年劣化し硬化しています。

取扱いには注意が必要ですね。

 

整備しているんだか?破損させてるんだか?複雑な気持ちになった今回のインジケーターランプのバルブ交換作業となりました。

取り敢えず同じLEDバルブにてインジケーターランプを取替えましたが、直ぐに別のモノへ交換することにしましたが、その記録は別の記事にします。

スピードメータータコメーターにも使ったぶーぶーマテリアルのバルブはホワイト色でしたが、特に問題なさそうなので、ウィンカーのインジケーターはアンバー色、ニュートラルとハイビームにブルー色を取付ることにしました。

f:id:Minow:20240519192254j:image

f:id:Minow:20240523075615j:image

この続きの作業は、別記事にします。

メンテナンス後の試走行(走行中にエンストする原因究明)

走行中にエンストしてしまう症状の原因究明しようと、近くの取水堰まで走行してきました。

イグナイターとレギュレーターの電気部品も交換しましたので、そちらも確認しました。

 

まずエンジンの始動性問題なし。

アイドリングも問題なし。

⇒やはりキャブレターのジェット類では無さそうだし、これならイイのかな?

様子を確認しながら30分程走行するも、何も問題なし。

嬉しいことですが、原因が分からないとモヤモヤとした複雑な気持ちになりますね。

 

暫く綺麗な田んぼの周りで写真を撮り、

f:id:Minow:20240515075518j:image

f:id:Minow:20240515075535j:image

少し移動しては止まり、また少し移動しては止まりを繰り返しながら進み、エンジンの始動性とアイドリングを確認しました。

⇒問題なし。

f:id:Minow:20240515075634j:image

そこから少し距離を伸ばし走行してみると?

f:id:Minow:20240515075828j:image
走行している途中、症状が出ました。

これだよ!この症状!

これを待っていたんだよっ!って気持ちになりました。

ちょっと変態ですかね💦

 

 

道端に停め、まずは疑わしい燃料系からチェックしました。

タンクのコックをオフにして、フロートチャンバーの一つから燃料を抜き、ガソリンコックをオンにしたところ、フロートチャンバーのドレンから燃料が出てこない?

 

う〜ん、燃料系か〜

すかさずフューエルコックの出口のホースを外してチェックすると、ドバドバ出てくるので問題なし。

 

フューエルコックにホースを差し戻し、キャブレターの入口でホースを外し、フューエルコックをオンにすると?

空気とガソリンがゴボゴボと湧いたあと、ガソリンがドバドバと出てきました。

 

分解式のフューエルフィルターを水平に設置したので、予想通りエアー噛みしたのかな?

 

エアー噛みした原因は、走行中にフューエルタンク内でガソリンとエアーがシェイクされ、そのエアーがフューエルホース内へ流れて溜まった?

それともエンジンからの輻射熱によりフィルターが加熱され、ガソリンが膨張したのか?などと考えてしまいます。

が、このままではいけません。何かしら対策しなければなりません。

  1. 分解式フィルターは折角購入し設置したばかりですが、そもそもフィルターは無くても良いモノなので取外すか?新品のフューエルタンクに交換したばかりで、内部は錆びて無いんだし。
  2. エアーが抜けやすいよう、出来る限り縦方向(斜め方向)に設置してみようか?
  3. 輻射熱の受熱を避けるよう、グラスウールで巻いてみるか? ⇒これは無いな?

 

まずは走行中に度々起きるエンストの原因は、フューエルフィルター内のエアー噛みでは?と絞りこみ、何かしら変更しようと思います。

 

フィルターのエア噛みが原因なんじゃないかと、薄々感じてますよ。

半分認めたくないだけですよ💦

 

でも2ヶ月前のフューエルポンプを外す前、フィルターを交換する前に起きた症状も、今回と良く似た症状だったけれど、それはどうなんだろう?

まだ他の原因があるのか?

この作業が終わるまでは、ロングツーリングへ出られそうにありません😢

 

 

レギュレーターとイグナイターの予備品を交換

目次

はじめに

走行中に失火(エンスト)する原因の究明作業の関連作業?として、点火系電気部品の予備品と交換することにしました。

不調の原因が、イグナイターとレギュレーターでないことは分かっていましたが、予備品を持っていただけだけでは宝の持ち腐れなので、交換しました。

ただ交換したかっただけかもしれませんね💦

いやいやそんなことは有りません!

ここ最近、LEDバルブやインジケーターランプが連続し点灯しなくなりましたので、そのための交換です。

この先10年を見据えての交換です!

minow.hatenablog.com

 

経緯

電気部品を交換する経緯は、先に述べました。

原因究明の作業をするとき、新品や点検済みの中古品と交換した方が、作業時間が圧倒的に短く済みますからね。こんな時そこ予備品を有効活用するべきなんだと思います。

minow.hatenablog.com

そもそも電気部品の予備品なんてストックしていても仕方ない?

いやいや車種限定の電気部品においては、故障したら代用品がありません。

一年半前にオルタネーターを整備した際、オルタネーターとイグニッションコイル、イグナイターくらいの電気部品は予備品を持っておいた方がよさそうだと考え、1年ほどかけて予備品をストックしたところになります。

minow.hatenablog.com

 

レギュレーター交換作業

まずはオルタネーターに取付けられたレギュレーターを交換しました。

オルタネーターの配線を外し、
f:id:Minow:20240511210442j:image

オルタネーター手前の配線を横へズラし、

f:id:Minow:20240511210453j:image

カバーを外したら、放熱フィンの付いたレギュレーターが姿を現します。

f:id:Minow:20240511210505j:image

レギュレーターとカーボンブラシのホルダーのネジを全部で4本外すとレギュレーターが外せます。

f:id:Minow:20240511210518j:image

その前にカーボンブラシのホルダーを取り外さないと、レギュレーターは外せません。
f:id:Minow:20240511210634j:image

レギュレーターを外して新旧並べてみると、やはり見た目は新品の方が綺麗ですね。
f:id:Minow:20240511210535j:image

写真でもどちらが新品なのか、一目で分かります。(右側が新品)

f:id:Minow:20240511210547j:image

新品を組付け
f:id:Minow:20240511210558j:image

カーボンブラシを組付けたら、部品交換がほぼ完了!
f:id:Minow:20240511210621j:image

あとはカバーと配線を組み戻したら、レギュレーター交換作業は完了となります。

f:id:Minow:20240511210656j:image

このレギュレーターは、今回の不調の原因ではなかったのですが、これから先10年程度乗ることを見据えて、ここで新品部品へ交換しておきました。これでまた一つ、電気部品によるトラブルを予防したと考えています。。

 

イグナイター交換

続けてイグナイターも点検済みの中古品と交換しました。

minow.hatenablog.com

 

まずはバッテリーケースを外すことから始まります。
f:id:Minow:20240511210731j:image

フェンダー裏からボルト2本(10mmソケットレンチ)を外し
f:id:Minow:20240511210741j:image

バッテリーケースの取付ボルト(10mmソケットレンチを使用)を外し
f:id:Minow:20240511210802j:image

イグナイターのカプラーを外したら、バッテリーケースを知恵の輪のように車体から取り外しました。
f:id:Minow:20240511210811j:image

イグナイター2つを並べて見比べてみると、今まで使用してきた写真右側のほうが、見た目劣化していました。
f:id:Minow:20240511210823j:image

ゴム部のヒビ割れが醜い

f:id:Minow:20240511210834j:image

 

外したレギュレーターの点検

今まで使用してきて今回外したイグナイターは、これから予備品となります。

念のため端子間の抵抗値を測定し点検しておきました。

 

外したレギュレーターの導通チェックしてみました。(1KΩレンジ)
f:id:Minow:20240514071052j:image

B端子とF端子で一方は導通あり、もう一方は導通なしのはずが?
f:id:Minow:20240514071102j:image

抵抗値に違いがあれど、どちらも導通あり?
f:id:Minow:20240514071115j:image

間違いかな?と思い、もう一つの予備品も確認しましたがほぼ同じでした。

f:id:Minow:20240514073208j:image

どちらも予備品としておくことにしました。

 

外したイグナイターの点検

外したイグナイターよ点検は時間がある時に行い、ここに記載しておきます。

 

 

 

蚊の飛び交う季節にバイク整備を行うため電撃殺虫器を設置

嫌いな蚊が飛び交う季節となりましたので、これから冬の蚊がいなくなるまでバイク整備を休止するつもりでしたが、トラブルの原因究明作業のため、しばらくバイク整備作業を続けることにしました。

minow.hatenablog.com

仕方ないので、蚊を少しでも減らしておこうと、電撃殺虫器を購入し設置しました。

f:id:Minow:20240512110852j:image

 

蚊などを光や熱で誘き寄せて、高電圧による電撃にて殺虫する装置になります。

 

f:id:Minow:20240512110904j:image

屋外に設置するので、分割ボート釣りの艤装品製作に使ったステンレス材の残材を使いポールを製作しました。

f:id:Minow:20240512110914j:image

 

f:id:Minow:20240512110925j:image

ペグとL型のポールの形にして

f:id:Minow:20240512110933j:image

ペグを地面に挿し込み、その上からL型のポールを挿し込んだら準備完了です。

f:id:Minow:20240512114129j:image

電撃殺虫器をひっかけて吊るし
f:id:Minow:20240512114139j:image

防水性を高めるよう、ペットボトルの半分を上から被せ
f:id:Minow:20240512114151j:image

ペットボトルのカバー部が風で飛ばされないよう、ビニールテープにて軽く固定しておきました。

 

一晩点灯させておいたところ、蚊が減ったような?気温が少し低く風が強かったから、蚊の活性が低かっただけなのか?

効果があるのか無いのかは分かりませんでしたが、バイクのエンスト原因究明の作業(その1)は快適に作業が出来ました。

 

我が家の周りには蚊が繁殖する水が溜まりそうな不要な物一つもなく、草一本も生えていませんが、自宅前の家の敷地内にゴミや不要な物を捨てて放置してあり、そこに水が溜まって蚊が繁殖しています。

引きこもり家族にて応答もなく対応もないため、どうにかならないものかと願うばかりです(´;ω;`)